マーケティング立ち上げ期、効率的な集客増加を目指し「SATORI」を導入。Webからの実名リード獲得を強化!

このエントリーをはてなブックマークに追加

・会社名:株式会社米岡
・設立:1971年9月
・業種:リボン徽章製造・販売事業、オンライン型業務代行事業
・従業員数:社員32名、リモートワーカー300名
・導入対象サービス:Web特命係事業
・利用目的:インバウンドからの問い合わせ数増加
記事インデックス
  1. 「SATORI」導入前の課題
  2. 「SATORI」選定理由
  3. 「SATORI」活用の展望

「SATORI」導入前の課題

米岡様

2019年2月に新事業としてオンライン型アウトソーシングビジネス「Web特命係」を立ち上げました。当初はフィールドセールスとプロジェクトサポートの2機能だけが存在し、マーケティングやインサイドセールスの専門的機能はなかった為、見込み顧客の獲得から成約後のサポートに至るまで数名で行っている状況でした。オンラインサービスということもあり、Web接点強化が不可欠と考え、2020年7月よりマーケティング機能とインサイドセールス機能を追加いたしました。
サイトリニューアルを機に、お客様にコンテンツや提供サービスを正しく知って頂くため、見込・新規・既存・休眠を分類し、各フェーズでの興味関心や状態を把握することができるMAツールの導入を検討していました。

「SATORI」選定理由

米岡様

マーケティング組織を立ち上げたばかりで人員リソースも乏しく、投資コストも潤沢にありませんでした。その環境の中で効率的に集客流入数を増やすにはどうしたらよいか、最大の課題は「いかに見込顧客の匿名性を実名化させるか」だと考えました。
「SATORI」はアンノウンマーケティングができる点が非常に優れていると思い、比較検討の選択肢に入れました。Web接点がなく、当社に顧客情報がない新規ユーザーの行動履歴を一件ずつデータ化できる上に、その行動履歴に応じてアクションできるのは他ツールにはない機能であり、広告経由でサイト誘導したユーザー様への費用対効果も望めると思いました。

「SATORI」活用の展望

米岡様

将来的には、初回接点から受注までをオンライン上で完結できるサービスを目指しています。そのためにもアンノウンマーケティングが重要であり、セグメント機能にてお客様の興味関心領域をグルーピングし、情報の出し分けを行いたいと思います。さらにポップアップ等でコンバージョンポイントまでの導線を完成させ、お問い合わせ数の増加につなげたいと考えております。Webからのリード創出を強化し、One to Oneマーケティングを実現していきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加