DX推進!マーケティング・営業体制を強化し、「SATORI」で新規獲得と既存顧客のアップセルへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

・会社名:株式会社ネオシステム
・設立:1989年12月1日
・業種:情報サービス
・従業員数:170名
・導入対象サービス:システム開発
・利用目的:リード獲得
記事インデックス
  1. 「SATORI」導入前の課題
  2. 「SATORI」選定理由
  3. 「SATORI」活用の展望

「SATORI」導入前の課題

ネオシステム様

DX(デジタルトランスフォーメーション)及びwithコロナに対応したマーケティング、営業体制の確立をしたいと考えていました。
MAツールに期待することは、新規顧客の獲得は元より、既存顧客のアップセルやクロスセル、休眠顧客へのアプローチ等の課題解決です。また、営業活動の見える化をして社内で情報共有していく狙いもあります。

「SATORI」選定理由

ネオシステム様

主要MAツール5社と検討して、コストパフォーマンスに優れている事と、当社にとって何が最適かを判断し「SATORI」に決めました。

「SATORI」活用の展望

ネオシステム様

まずは、Webサイトにどのような見込み顧客が訪れているのか、どのページを見て検討しているのかなどの現状分析をしたいと思っています。その上で、顧客の状況にあわせたWeb上のコミュニケーションやアラート機能など、一通りの機能をみて、効果を発揮する施策の検証を重ねていきたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加