Webマーケティングとは?種類・やること・始め方をわかりやすく解説

丸の内とら

WebマーケティングとはWebサイトへの集客を促し、商品・サービスの購入へ繋げるためのマーケティング活動のことです。プロモーションや広告活動のほか、SEO、SNSなどを含めてすべてがマーケティング活動の一つとなります。

Webマーケティングとは?

WebマーケティングとはユーザーをWebサイトに集客し、商品やサービスの購入につなげるためのマーケティング活動です。デジタルマーケティングの一部であり、Webサイトに特化したマーケティング活動のことを指します。

具体的にはWebサイト運営や広告、SEO対策、オウンドメディアの運営、メールマーケティング等の活動が挙げられます。

なぜWebマーケティングが重要なのか

現在、さまざまな情報の収集にインターネットが用いられるようになりました。これは、製品購入やサービス契約等についても同様です。そのため、ECやWebサービス、ホームページなどのWeb活用が企業にとって必要不可欠となっています。
スマホやSNSの普及などの追い風もあり、Webマーケティングは今後さらに重要性が高まるでしょう。

Webマーケティングの種類・基本の手法

Webマーケティングを行う場合、まずは自社あるいは商品、サービスについて知ってもらうためにWebサイト等への集客が必要になります。その後、集客したユーザーに購入してもらう、あるいはファンになってもらうためにWebマーケティングを活用していきます。
Webマーケティング施策にはいくつか種類がありますが、何か1つの施策を講じれば良いのではなく、複数を組み合わせて相乗効果を生み出していくことがポイントです。以下、具体的な手法について解説します。

Webマーケティングの施策

1)Webサイト運用

自社あるいはサービス等の説明や問い合わせ、購入などが行えるWebサイトを制作・運営します。Webサイト運用における、具体的な作業内容は主に次の4つです。

・ドメインやサーバーの管理
・Webサイトに掲載するコンテンツの追加や更新
・Webサイトの分析と改善
・ユーザーからのお問い合わせやトラブルへの対応

Webサイトを運用する目的は企業によってさまざまですが、サイトの保守・管理を行いながらユーザーニーズに応えていくことが必要不可欠です。また、以下で取り上げるマーケティング手法は、このWebサイトへユーザーを集客することが大きな目的です。

2)Web広告

検索エンジンの検索結果や他Webサイト等に広告を出稿します。具体的には、以下のような種類があります。

Web広告の種類概要
リスティング広告検索エンジンの検索結果に表示される広告枠に掲載される広告です。検索結果の一覧と並んで、テキスト形式で表示されます。広告を表示させたい検索キーワードを選定し、入札する形式です。広告の入札単価や品質スコアなどで掲載順位が決まります。
アフィリエイト広告個人ブログを含めた外部サイト、あるいはメールマガジン、SNSなどに掲載される広告です。広告費は基本的に成果報酬となり、広告経由でWebサイトを訪れたユーザーが問い合わせや、資料請求、商品購入などを行った段階で費用が発生します。
アドネットワーク広告複数のWeb広告媒体に広告を掲載できます。一括して効果の期待できそうな媒体や属性に表示されるため、手間なく多くの人々に見てもらえる可能性が高い広告です。
リターゲティング広告ユーザーが過去どのようなWebサイトを閲覧しているのか、その動向に応じて関連する広告を表示させます。すでにWebサイトに訪問したことのあるユーザーに、再度広告を見てもらうというものです。

3)SEO(検索エンジン最適化)

Googleなどの検索エンジンに自社Webサイトを見つけてもらう・理解してもらうために最適化することをSEOと呼びます。

ユーザーが検索した際、検索エンジンはユーザーが求めている情報に対して最適だと判断したページを表示させます。自社Webサイトが最適なページとして選ばれることで集客が期待でき、問い合わせや購入につなげていくことが可能です。詳しくは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

関連記事>>SEOとは?初心者がすぐやるべき基本対策5つをわかりやすく解説

4)メールマーケティング(メルマガ・パーソナライズドメール)

eメール(電子メール)を利用して、特定のユーザーに情報配信します。メールマーケティングの手法の一つであるメルマガ(メールマガジン)は、どんな商品やサービスに興味があるかは分からないが購読を希望しているユーザーに向けてメールを一斉送信します。もう一つの手法であるパーソナライズドメールは、メルマガとは違い、ユーザーの行動履歴などに応じて最適なタイミング・内容でメールを送信します。

いずれも、ユーザーとの関係構築を図るのに有効な手法です。

関連記事>> メルマガとは?概念と配信の基礎知識

5)SNSマーケティング

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用し、その高い拡散力と利用者同士のつながりを利用して多くのユーザーに情報配信します。

詳しくは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

関連記事>> SNS マーケティングとは?具体的な手法と成功のポイント

 6)コンテンツマーケティング・オウンドメディア

自社サイトやオウンドメディアなどで、記事コンテンツを定期的に配信します。ただの広告ではなくユーザーに役立つ情報等を配信することで、自社に対する信頼性の向上やファンの獲得などにも効果的です。
詳しくは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

関連記事>> コンテンツマーケティングとは何か?

関連記事>> オウンドメディアの意味とは?ホームページとの違いを事例で解説

7)動画マーケティング

映像コンテンツを用いて、自社やサービス・製品等に関する情報を配信します。ユーザーの視覚に訴えかけることができるため、興味関心を引き出しやすく、自社やサービス・製品等へのより深い理解へつながります。ただし、動画制作には手間とコストがかかります。

このように、Webマーケティングにもさまざまな手法があり、それぞれ特徴が異なります。自社にとって最適なものを選び、ときに組み合わせることで最大の効果を獲得しましょう。

最新のWebサイト運用とマーケティング

上記で解説したのは、Webマーケティングにおける基本の手法です。昨今では、Webマーケティング戦略も変化しており、ユーザーへの情報配信方法として「One to One」が盛んに導入されています。

例えば特定の顧客のみにアプローチする「ターゲティングメール」、あるいはWebページをユーザー毎に出しわける「LPO」などが挙げられます。これらの最新の施策を行うために必要な概念とツールを以下に取り上げましたので、参考にしてください。

1)Web接客

Web接客とは、Webサイトを訪れたユーザーに対して、サイト上で接客を行うことです。主に、来訪者のナーチャリングやコンバージョン率の改善などを目的に行われる施策です。

具体的なツール等は、以下でご紹介していますので参考にしてください。

関連記事>> Web接客ツールとは?おすすめ8選・選び方(比較表付き)

2)マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション(MA)を用いると、マーケティング活動を自動化・効率化できます

例えば、Webサイト上で登録されたユーザーのメールアドレスがマーケティングオートメーションツールに自動で登録され、その中から指定したユーザーのみにメールを配信するといったことが可能です。

詳しくは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

関連記事>> マーケティングオートメーション(MA)で何ができるの?

Webマーケティングの準備と進め方

ここまでWebマーケティングの手法について解説してきましたが、具体的な施策は方向性の定まらないまま講じても意味がありません。まずはターゲットユーザーを明確化し、競合調査を行ったうえで自社の強みや課題を知ることから始め、それを元に具体的な戦略を立てることが重要です。

実際の流れについて、順を追って解説します。

Step1)目的の明確化/ゴール設定

Webマーケティングによって何を実現させたいのか、具体的なゴールを設定しましょう。漠然としたものではなく、数値化した明確なゴール設定が必要になります。

Step2)ターゲット/ペルソナ設定

どのようなユーザーを集客したいのか、具体的なターゲットを考えましょう。年齢や地域、困っていることなど、詳細に具体的なペルソナを設定します。

ペルソナの設定方法については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

関連記事>> 【入門編】マーケティングの「ペルソナ」とは?作り方と例・無料テンプレート

Step3)カスタマージャーニー設定

顧客が商品を購入して利用するまで、どのような経緯をたどるのか、カスタマージャーニーを設定しましょう。これにより、顧客に対して最適なタイミングで施策を講じることができます。

以下の記事でも詳細を記載していますので、その重要性や意味などをご確認ください。

関連記事>> 「カスタマージャーニーとは」概念・必要性の解説

Step4)施策検討・選定

具体的にどのWebマーケティング手法を行うのか、あるいは、その組み合わせについて検討・選定しましょう。

Step5)KPI設定

最終的なゴールに対して、途中経過での目標となるKPIを設定します。例えばWebサイトへの流入をどの程度増やすのかなど、最終目標から逆算し数値化しましょう。

関連記事>> KPIとは?設定方法もわかりやすく解説します

Step6)施策実施

KPIが設定できたら、選定したWebマーケティングの施策を実行しましょう。

Step7)集計・分析

数値化できる定量データと、数値化できない定性データの両方を集計・分析します。定量データにはWebサイトへのアクセス数などが含まれ、定性データには自由回答式のアンケート結果や口コミなどが含まれます。

Step8)課題の抽出と対策・改善

集計・分析結果をもとに課題を抽出し、改善すべき点への対策を検討します。

このとき、目的に対する達成率も確認しましょう。例えばランディングページからのコンバージョンが悪ければLPO(ランディングページ最適化)を行ったり、サイト訪問後の問い合わせ率が低ければEFO(入力フォーム最適化)に重点を置いて施策を講じたりします。

成功のポイント

Webマーケティングを成功させるためには、以下のような点に注意して実行しましょう。

現実的な目標設定を行う

無理な目標設定では、適切な戦略が立てられません。結果、実態に伴わない施策のみが実行され、思うような成果が得られないでしょう。目標は現実的な範囲で設定してください。

長期計画で段階的に取り組む

Webマーケティングは、すぐに成果が出るものではありません。そのため、長期計画で段階的に着実な取り組みを続けることが大切です。そのためには、中間目標を設定して確認・改善を重ねると良いでしょう。

コンテンツの質を確保する

コンテンツの質が低いと、ターゲットのニーズを満たせません。むしろ、信頼性を低下させてしまう可能性があるでしょう。ターゲット・ペルソナに合ったコンテンツを作り、One to Oneで届けることが大切です。 

分析・改善を繰り返し行う

どれだけ綿密に計画を練って施策を講じたとしても、それが必ず成功するとは限りません。そのため、適切なタイミングでデータ分析を行い、その結果次第で必要に応じた改善を重ねていくことが重要です。

なお、一旦軌道修正できたとしても、再びどこかのタイミングで問題が生じる可能性もあります。分析・改善は一度のみではなく、適宜繰り返してください。

幅広いWebマーケティングの知識を身に着けよう

Webマーケティングの手法は多様です。大きな成果を得るには、まずSEO対策や広告、SNSなど具体的な活用法を知ると共に、解析手法についても理解することが重要です。十分な知識を身につけたうえで、計画的に施策を講じましょう。

Webマーケティングに関する最新情報を含めたノウハウ資料をご提供しておりますので、こちらも是非ご覧ください。

最新手法がまるっと凝縮!
「マーケティングハンドブック~広告・SNS活用&SEO・Web解析編~」無料ダウンロード

PROFILE

丸の内とら

システムエンジニア/フリーライター/BtoBマーケターの3つの顔を持つワーキングマザー。
BtoB商材を扱うIT企業に在籍し、課題解決ブログの立ち上げ・SNS活用を始めとしたコンテンツマーケティングの導入に取り組んだ経験を持つ。
ライターとしては20年を超える経験を有し、『小さな会社のAccessデータベース作成・運用ガイド』(翔泳社)をはじめ、プログラミング関連の著書多数。
現在はIT企業にてシステム評価に携わりつつ、IT、マーケティング分野を中心に精力的に執筆活動を展開中。
このエントリーをはてなブックマークに追加