ウェビナーとは?開催方法などの基礎から成果につなげるためのコツを大公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェビナーを始める方、必見。ウェビナーとは何かやメリット・デメリットを解説しました。またウェビナーを成功に導くためのコツもご紹介しておりますので、真似していただけたらと思います。

目次

  1. ウェビナーとは
  2. ウェビナーの特徴
  3. ウェビナー開催方法
  4. ウェビナーを成果に繋げるためには
  5. おわりに

ウェビナーとは

ウェビナーとはWebとセミナーをかけ合わせた造語で、オンライン上で実施するセミナーのことを指します。オンラインセミナーやWebセミナーとも呼ばれます。配信時間を決め、見せたい資料や画面を画面共有することで、セミナーをはじめます。チャットやQ&A、アンケート(投票機能)を活用すれば、講師と参加者(視聴者)の双方向コミュニケーションを図ることもでき、これまで主流だったオフライン形式のセミナーと遜色なく開催することも可能になります。

ウェビナーの特徴

ウェビナーはオンラインで開催するという特性上、さまざまなメリットがありますがデメリットがないわけではありません。そこでオフラインとの違いやメリット/デメリットについて解説します。

ウェビナーのメリット

開催場所

ウェビナーとの大きな違いはやはり開催場所でしょう。インターネットがつながっている環境であれば、場所の制約に囚われることなく開催・参加することができます。そのため、集客したいターゲットの幅を広げることができます。

コスト

ウェビナーの場合、会場費用や講師や参加者の交通費が発生しません。規模にもよりますがオフラインでのセミナーと比べウェビナーはコストを安く抑えられるケースが多いです。さらにウェビナーでは、当日の受付対応が不要で、時間になったらお客様が指定のURLにアクセスし、情報を入力するだけで簡単に参加することができます。オフラインセミナーのような受付担当者の常時配置や、会場までの誘導員を手配する必要がないため人件費も削減できます。

手軽さ

オフラインセミナーの場合、空席が目立つと参加者の心象を悪くするリスクがあるため、ある程度の集客が必要になりますが、ウェビナー(Zoomの場合)は参加人数を出さずに開催できるため、少人数での開催も気にすることなく行えます。

ウェビナーのデメリット

視聴者の反応

対面でのセミナーならお客様のリアクションや頷きによって、理解度をある程度図れます。しかしウェビナーの場合、視聴者の反応をチャットやQ&A等といった機能からでしか、基本的にはくみ取ることができず、対面のように反応を見ながらの進行は行いにくい傾向にあります。そのため一方通行のコミュニケーションになりがちです。

改善策としてはセミナー途中で“アンケートを挟み理解度を確かめる”、“チャットで質問を募集する”、“手を挙げる機能を利用して不明箇所をお知らせしてもらう”など、双方向のコミュニケーションを心掛けると、お客様の理解もより深めることができます。

配信環境や設備による不具合

講師側のインターネット環境の整備や、マイク、ディスプレイのような必要な機材が揃っていないと、音声の乱れや周りの雑音によって講師の声がかき消されてしまう、見せてはいけないものが見えてしまう等、意図した通りに伝わらない場合も。そのため、ウェビナーの準備を行う場合は、配信環境や機材にも注意を払う必要があります。

また、視聴者側も準備が必要です。ウェビナー視聴のためのアプリダウンロードやネット環境など、あらかじめ視聴者に準備してほしい事項を確認し、ご案内いただくことをおすすめします。

ウェビナー開催方法

ウェビナーを開催するには大きく5つのステップに分けられ、①ツールの選定、②機材の準備、③運営体制の構築、④集客、⑤参加者への案内となります。詳細は下記Webサイトをご覧ください。
ウェビナーツール比較から当日の運営方法までご紹介失敗しないための配信方法とは?

ウェビナーの開催方法5STEP。ツール選定、機材の準備、運営体制の構築、集客、参加者への案内

・ウェビナーツールの選定

ウェビナーツールはZoom、コクリポ、Vimeoなど様々ありますが、特徴がそれぞれ異なります。開催するセミナーの規模や目的に合わせてツールを選ぶと良いでしょう。

・機材の準備

講師側の環境は重要です。インターネット回線やマイク、ディスプレイを準備しましょう。

・運営体制の構築

サポートメンバーの役割の明確化や、トラブル発生時の対処法などを決めましょう。

・集客

新規リードが欲しい、既存顧客を掘り起こしたい等、目的に合わせてメルマガやDM、ポップアップ、プッシュ通知などを使用して集客します。

・参加者への案内

ウェビナーに初めて参加される方も考慮し、参加の仕方なども含めて念入りにアナウンスしましょう。

ウェビナーを成果に繋げるためには

対面でもウェビナーでも成果につなげるために重要な視点があります。それは目的の明確化です。下記2点に何を定めるかにより、集客方法や講演内容、配布物も変わってくることを忘れないでおきましょう。

<セミナーを企画する際に気を付けておきたいこと>
・ターゲットは顕在層or潜在層
・新規顧客獲得をしたい or 既存顧客の深堀をしたいorパートナー開拓

セミナー終了後は参加者にアンケートを実施することで、次のアクションにつながったか(商談申込や商品セミナーへの誘導など)の計測に利用できます。そのため、なるべく多くの人に回答いただけるように、“アンケート未回答者に再度リマインドメールを送付する”、“アンケート回答後の資料プレゼントを行う”、などの工夫を行うと良いでしょう。

今回は、年間100本以上のセミナーを行っているSATORIが実際にMAツールを活用して行っている手法について解説します。

集客

【新規顧客を獲得したい場合】
まだ、ハウスリストに存在しない新規のお客様にアプローチする手法として「ポップアップ(*1)」「プッシュ通知(*2)」「パーソナライズ(*3)」の機能とSNSが活用できます。

例①:当社のWebサイトに訪問している場合

当社のWebサイトにはたどり着いているものの、まだセミナー申込前のお客様にはポップアップでセミナーページに誘導するバナーを表示させ、誘導を強化します。もしそのタイミングでセミナーに申込まれなかったとしてもプッシュ通知を使用することで、再度お客様に通知を行ったり、自社ブログの記事内にセミナーページ誘導用のバナーを表示します。

ポップアップ経由でセミナー誘導し、まだ申し込んでいない人にはプッシュ通知やパーソナライズで再通知

*1ポップアップとは、自社サイトを閲覧しているお客様に対して、フォームやバナーなどのポップアップを表示することでお問合せやウェブWeb遷移を推進する機能のこと。
*2プッシュ通知とは、自社サイトを閲覧していないお客様に対して、プッシュ通知を表示し、自社サイトへ誘導する機能のこと。
*3 パーソナライズとは、お客様の行動履歴に合わせて、フォームやバナーの出し分けを行い、リードナーチャリングを行う機能のこと。

例②:当社のWebサイトにまだたどり着いていない場合
広告の活用やSNSを活用してサイトへ集客します。サイトへの流入後、セミナーページから離脱してしまったお客様については、TOPページに戻ったタイミングでポップアップを使用してセミナー申し込みのフォームを再度表示させることで、申込み忘れを防ぎます。

SNSや広告経由での流入したユーザーで申し込みに遷移。申込前の方はポップアップで取りこぼさない仕組み

ハウスリストに存在する既存顧客や休眠顧客を掘り起こしたい場合は、セグメント機能を活用しターゲットとなるお客様にのみメールでセミナー告知を行います。

開催当日まで

ウェビナーは視聴者も気軽に参加できるため、参加率は対面のセミナーと比べて鈍化する傾向にあります。そのため、数回に分けてリマインドを送付することでセミナーの参加率を向上させています。
しかし、複数メールを送ると誤送信のリスクや業務負荷がかかるという方は、シナリオ機能を活用して、「不参加」であることがわかる属性ラベルが付いていた場合はセミナー当日のリマインドメールは送付しない、という形で自動化しても良いでしょう。

セミナー当日のリマインドもシナリオを活用することで全自動化。手間なく効率化を図ります

後日フォロー

セミナー終了後は、今後のセミナー改善や参加してくれたお客様の興味関心度合いを測るためアンケートを送付しています。アンケートは回収率を上げるために、アンケート回答者限定で業務にお役立ていただける資料をお礼としてお渡ししています。
回答者のみに資料送付については「SATORI」のフォーム機能にて自動で行い業務効率化をはかっています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
リモートワークで仕事することが日常的になっている今、マーケターにとってウェビナーは切っても切り離せない仕事になりつつあります。皆さんも上手にウェビナーを活用いただき、マーケティングの最適解を探っていただけたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加