SATORIユーザー会分科会(BtoB)
レポート(2020/06/19開催)

2020年6月19日、オンラインにて「SATORIユーザー会分科会(BtoB)」を開催いたしました。
今回はその様子の一部をご紹介いたします。

SATORIユーザー会とは

SATORIユーザー会は、ユーザーの皆さまの「マーケティング活動を一歩先へ」進める手助けとなることを目標に、最新の「SATORI」活用事例の共有やユーザー様同士での情報交換・ネットワーキングの場として、2017年7月より定期開催しております。

今回は、ユーザー様からのご要望にお応えして、初めての業態別分科会をオンライン開催し、
24社42名の方にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆さまには御礼申し上げます。

SATORIユーザー会分科会(BtoB)の様子

ここからは、実際のユーザー会分科会の様子をご紹介します。

第一部:ご挨拶、活用事例発表/質疑応答

ご挨拶

SATORI株式会社代表の植山よりご挨拶として、『もっとも進んだマーケティング実践企業であり続ける』をビジョンとしたSATORI社の「コロナ禍におけるマーケティング活動について」「私たちの新しい取り組み」を発表しました。

 

動画はこちらから(SATORI活用支援サイトへ移動)※視聴にはログインが必要です

活用事例発表/質疑応答

「SATORI」ご利用企業の方にご登壇いただき、BtoB事業での「SATORI」の取り組み事例や活用ポイントなどを40分程度で発表いただきました。

 

「失敗から学ぶ しくじり先生 俺みたいになるな!」
株式会社キャスター 須田 綾乃様

動画はこちらから(SATORI活用支援サイトへ移動)※視聴にはログインが必要です
ご登壇者へ寄せられた質問と回答はこちらからご覧いただけます。

第二部:交流会

Zoomのブレイクアウトルーム機能を用いて、5名程度のルームに分かれていただき、簡単な自己紹介、ご参加時に回答いただいた「他のユーザー様とお話されたいテーマ」で情報交換、交流を深めていただきました。
ルーム内で非常に話が盛り上がり、時間が足りないといったお声もございました。

 

 

アンケート結果

参加者の皆さまの生の声(抜粋)

当社としては使用歴が長いものの、本格的に担当者になってからあまり経っておらず、大変勉強になりました。

(コンサルティング・メディア)

活用事例発表内容が具体的でよかったです。今回参加できなかった広報部員に動画を見せたい感じです。

(IT)

実際にSATORIを運用している皆さんと、セグメントの使い方やシナリオ作成の悩みを共有できました。自分の答えは、これからの活動で見つけていくことになりますが、いろいろヒントをいただきました。

(IT)

オンラインイベントでグループ分けしてディスカッションすることを別のコミュニティでやってみたかったのですが、とてもうまく運用されていてとても参考になりました。

(IT)

登壇企業様の失敗点に関する解説が具体的で、弊社における現在の課題改善案の参考になった。

(IT)

社長のお話でコロナ禍で動けなくなった数か月の施策が伺えて良かったです。

(IT)

今後も様々な切り口の交流会があるなら参加してみたいと思いました。

(製造)

失敗事例から教訓を紹介する形式がとても分かりやすかったです。

(食品)

 

ご参加者の皆さまが今後こんな切り口で分科会を行ってほしいというテーマ

BtoBでは「SATORI機能」ごと、次いで「業界」ごとに、
BtoCでは「業界」ごと、次いで「SATORI機能」や「職種」ごとに分科会を開催してほしいというお声が多いようです。

ご参加者の皆さまが取り上げて欲しいと回答したマーケティング課題

BtoBでは、「広告(オフライン)」や「コンテンツマーケティング」について、
BtoCでは、「コンテンツマーケティング」、「インサイドセールス」への関心度が高まっているようです。

 

次回SATORIユーザー会分科会について

いただいたお声を参考に、今後も企画してまいります。
内容が決まりましたら、ご案内させていただきます。