マーケティングオートメーション SATORI

2016/09/06 ユーザーインターフェース変更、新機能追加に伴うメンテナンス実施のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/06 ユーザーインターフェース変更、新機能追加に伴うメンテナンス実施のお知らせ

SATORIご利用者様各位

この度、新機能追加およびユーザーインターフェースの変更に伴い、メンテナンスを実施させていただきますので、ご連絡いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

メンテナンスについて

メンテナンス対象範囲

メンテナンス中はSATORIの管理画面をご利用いただくことができません。

シナリオ、フォーム、API等、画面操作以外のSATORIの機能はメンテナンス中でも通常通り動作いたします。

メンテナンス実施日時

9月6日(火)21:00~24:00 ※変更となる場合もございます

ユーザーインターフェースの変更について

メニュー構成が変更となります

  • 新たに「アクション」メニューを設け、カスタマーに対してのメール送信やポップアップ等コミュニケーションアクションを実施するための機能を集約しました。
  • それに伴いアクションを行うためのコンテンツを管理するための機能を集約した「コンテンツ」メニューを設けました。
  • また、直接カスタマーへのアクションとは関係しない、設定系機能については「設定」メニューに集約しています。

compare_detail

デザインが刷新されます。

  •  ボタンや要素ごとのネガティブスペースをそれぞれ最適な幅へと変更し、視覚的に認識しやすく変更
  •  ウィンドウ幅が小さい場合のレイアウトが、より自然になるようテーブル表示でのリストを廃止
  •  フォントサイズ比率をMajor Secondへ変更し、文字サイズのバランスを最適化
  •  色彩理論に基づいたカラーパレットへ変更し、全体的なカラーコントラストを調整
  •  ボタンに配置ルールを制定し、特定の動作に関わるボタンを直感的に認識しやすくなるように変更
  •  アコーディオンUIだった検索や一部コンテンツをモーダルへ変更したことで、スクロール等の煩わしい操作を最小限になるように変更
  •  散見していたボタンを整理し、情報閲覧の意識集中度を向上(個々のリストアイテムに付帯するアクションボタン等)
  •  各機能の作業フローを改善

デザイナー久米太一からのコメント

今回のUIリファインは主に、比率や理論に基づいた改善を行いました。

操作するうえで視覚から入ってくる「無意識的な違和感」を出来る限り排除することで操作に集中できるUIを実現出来ると考えています。

一部、Googleが提唱する「マテリアルデザイン理論」や新しい手技も参考にしていますが、それら全てが必ずしも正しくはなく、多種多様な機能やコンテンツが存在する以上、丸々それらを使えば良い物が出来るというわけでもありません。

数々の理論や技法を、どう取り込んでいくかを常に考え、今後もより良い改善に努めて参ります。

新機能追加について

新機能のマニュアルはこちらになります。

ポップアップ管理機能

この機能について

ポップアップ管理では、新たに以下の機能をご利用いただけます。

  • 複数コンテンツでのポップアップのABテスト
  • セグメントによるポップアップの出し分け
  • 表示回数、クリック数等のレポート表示

が可能になります。

注意点

既存のポップアップフォームやHTMLパーツのポップアップも、ポップアップリストに表示され、新しく提供されるポップアップ設置用コードに置き換えていただくことで、レポートを表示することができるようになります。

エンベッド管理機能

この機能について

エンベッド(埋込)管理では、新たに以下の機能をご利用いただけます。

  • 複数コンテンツでの埋込コンテンツのABテスト
  • セグメントによる埋込コンテンツの出し分け
  • 表示回数、クリック数等のレポート表示

が可能になります。

注意点

既存の通常フォームやHTMLパーツも、エンベッドリストに表示され、新しく提供されるエンベッド設置用コードに置き換えていただくことで、レポートを表示することができるようになります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

“3分でわかる”マーケティングオートメーション“SATORI”とは