国産マーケティングオートメーションツール「SATORI」 国内で初めてプッシュ通知ツール「pushcrew」と連携 ~メール配信と比較して2.7倍の誘導率を実現~

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングオートメーションツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)、Webプッシュ通知ツール「pushcrew(プッシュクルー)」の国内展開を行う株式会社アッション(本社:東京都目黒区、代表取締役:木下洋平)は、SATORIとpushcrewの連携サービスを7月26日より開始いたします。本連携によりSATORI内で取得したユーザ行動セグメント別に、プッシュ通知が配信可能となります。


【図1】SATORI×pushcrew連携イメージ
※SATORI×pushcrew連携イメージ

これまでSATORI導入企業様は、エンドユーザの行動セグメント別に、「メール配信」「ウェブ広告」「チャット接客」「ポップアップ」によるコミュニケーションが可能でしたが、新たに「プッシュ通知」が加わることで、エンドユーザにより確実にメッセージを届けることが可能になります。

Webプッシュ通知ツール「pushcrew」は、従来のネイティブアプリ経由のプッシュ通知とは違い、ブラウザ経由でプッシュ通知を送る事が可能です。そのため、サービス提供者、エンドユーザー双方において負荷なく導入が可能なプッシュ通知ツールです。バックグラウンドでブラウザが起動さえしていれば、自社サイトに訪れていないタイミング、デスクトップでの他作業中でもエンドユーザへプッシュ通知を配信、表示させることが可能になるため、情報到達率を大幅に改善できます。

すでに特定の行動セグメントへの「メール配信」と比べて「プッシュ通知」は2.7倍の誘導率(※)を実現しており、強力なコミュニケーションチャネルとなることが分かっています。(※SATORI導入企業実績。配信母数:1000以上)

配信手法 ウェブサイト誘導率
メール配信 4.74%
プッシュ通知 13.20%

【図2】pushcrewパーミッション画面
※pushcrewパーミッション画面

【図3】pushcrewプッシュ通知画面
※pushcrewプッシュ通知画面

プッシュ通知×マーケティングオートメーション最新事例セミナー

エンドユーザとのコミュニケーションはオンライン化が進み、「メール配信」「ウェブ広告」とともに「プッシュ通知」「チャット接客」でのアプローチがより重要視されつつあります。
本セミナーでは、オプトイン登録率25%、メルマガクリック率の10倍を誇るプッシュ通知ツール「pushcrew」と、国産マーケティングオートメーション「SATORI」のサービス紹介、および「プッシュ通知」「チャット接客」「マーケティングオートメーション」を組み合わせた先進的な取り組みをご紹介します。

SATORIについて

「SATORI」は、”集客”に強い国産マーケティングオートメーションツール(MA)です。お問合せ前の、匿名ウェブユーザに対して「ウェブ広告」「チャット」「プッシュ通知」等のコミュニケーションを実現することで、これまでのMAに比べ、大量のリード獲得を実現することができます。

ウェブサイト:https://satori.marketing/

pushcrewについて

「pushcrew」は、従来のネイティブアプリ経由のプッシュ通知とは違い、既存のブラウザ経由でプッシュ通知を送る事が可能です。そのため、サービス提供者、ユーザー双方において負荷なく導入が可能なプッシュ通知ツールです。従来の顧客コミュニケーションの中心であったメールマガジンと比較してページへの到達度、オプトイン(ユーザー登録)の獲得率も高いことが特徴です。

ウェブサイト:http://www.pushcrew.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加