老舗システム開発の株式会社ネオシステムが販促活動のDX推進のため国産MAツール「SATORI」を導入

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、株式会社ネオシステムの「SATORI」活用事例を公開しました。

「SATORI」導入効果

・顧客情報の見える化により、クロスセルが実現でき、数千万円の案件獲得を実現。

・ホームページに来訪する問い合わせ前の顧客(匿名顧客)にアプローチすることで、問い合わせ数が3倍に増加。

「SATORI」選定理由

・シンプルで使いやすく、スモールスタートで始めやすいツールであったこと。

・コストパフォーマンスが良く、経営層に提案しやすかったため。

活用イメージ

・電話やメールで獲得していた問い合わせを「SATORI」フォーム機能へ切り替えることで、問い合わせ情報の活用や業務効率化を実現。

・ホームページ訪問者に対してポップアップ機能を活用し、問い合わせへの誘導導線を強化。

・属人化していた営業活動改革のために、情報活用しやすい状態づくりを目指し既存顧客情報の一元管理。

ご担当者さまのコメント

「今後の施策は、データによる仮説と検証に基づいて進めていきたいと思っています。『SATORI』を導入したおかげで、未知の顧客(匿名顧客)を既知の顧客(実名顧客)にすることができました。今後の営業戦略では、『SATORI』を活用して仮説を検証してから攻めていきたいですね。特にまだキラーコンテンツをしっかり作りきれていないので、営業戦略に基づいたコンテンツ制作と発信を工夫していきたいです。

今回の取り組みを通して、弊社にとってSATORIは『トリガー(きっかけ)』のような存在です。新規顧客の獲得にとっても、また休眠顧客の掘り起こしにとっても、新しい施策を始める上でのトリガーになったのではないでしょうか」(青栁氏)

株式会社ネオシステム 事例掲載ページ
https://satori.marketing/usecase/neosystem-202204/

SATORI株式会社は、今後もこうしたお客様導入事例の公開を継続してまいります。

その他情報

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー

導入をご検討いただいている企業様向けセミナーを毎週開催しています。マーケティングオートメーションの基礎から「SATORI」のフル活用事例、管理画面のデモンストレーションまでを90分でお持ち帰りいただけます。詳細は下記紹介ページをご覧ください。

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー
https://satori.marketing/satori-seminar/

ダウンロード資料

SATORI株式会社では、マーケティングオートメーションや「SATORI」について理解を深めていただける各種コンテンツを用意しています。詳細・ダウンロードは以下のページよりご利用ください。

https://satori.marketing/satori_materials/

【株式会社ネオシステム】

設立年月日:1989年12月1日
資本金:6,000万円
社員数:150名(2021年10月現在)
事業内容:システムコンサルティング、情報システム設計、ソフトウェア開発、システム運用保守

コーポレートサイト:https://www.neosystem.co.jp/

「SATORI」について

「SATORI」は、“実名の見込み顧客”にとどまらず“匿名の見込み顧客”にもリードナーチャリング可能な国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込顧客を継続的に創出することが可能になります。詳細はウェブサイト( https://satori.marketing/)をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

SATORI株式会社 マーケティング担当 横関、豊川
MAIL: marketing@satori.team TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加