県域ローカルテレビ局の千葉テレビ放送が 国産MAツール「SATORI」を導入
〜全国に先駆けて地域ビジネスのDXを促進するために活用開始〜

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、千葉県全域と周辺の一部都県を放送エリアとする地上波テレビ局の千葉テレビ放送株式会社における「SATORI」導入・活用事例を公開しました。

千葉テレビ様

「SATORI」導入効果

・これまで社内で積み上げてきた名刺情報の有効活用が可能になり、コミュニケーションが途切れてしまっていた顧客との関係を復活させ、継続的にコミュニケーションを行う基盤ができた。

・手厚いサポートのもとメールマガジンを活用したセミナー情報の発信により参加者数が増加。

「SATORI」選定理由

・分かりやすいランディングページの制作や膨大なリード管理、メルマガ配信等、実施したい施策に必要な機能が揃っている。

・メルマガ等を通じてSATORI社から受けたマーケティングに関する情報より、支援パートナーとして信頼感を持てたこと。

活用イメージ

・講座会員獲得のためのリード情報一元管理と定期的なメルマガ配信

・セミナー運営効率化のためのWebページ、申込みフォームの制作からフォローメール送付

ご担当者さまのコメント

「マーケティングにおいては、お客様が何を欲しているのか、常にアンテナを張って施策に反映していくことが求められます。そのために常日頃から、インプットとアウトプットを繰り返し、PDCAを回していくべきです。

『1人だから』との理由で誰かが手を差し伸べてくることを待つのではなく、周りにあふれている情報から自分は何をしたいのか、何をすべきなのか、自分で考えて実行していくことが重要だと、私は考えています。

また今回「SATORI」を導入して、施策の構想から実施まで大きく効率化されました。今後も効率的な活用を進めていきたいです」(早坂 氏)

千葉テレビ放送 事例掲載ページ
https://satori.marketing/usecase/chibatv/

SATORI株式会社は、今後もこうしたお客様導入事例の公開を継続してまいります。

その他情報

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー

導入をご検討いただいている企業様向けセミナーを毎週開催しています。マーケティングオートメーションの基礎から「SATORI」のフル活用事例、管理画面のデモンストレーションまでを90分でお持ち帰りいただけます。詳細は下記紹介ページをご覧ください。

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー
https://satori.marketing/satori-seminar/

ダウンロード資料

SATORI株式会社では、マーケティングオートメーションや「SATORI」について理解を深めていただける各種コンテンツを用意しています。詳細・ダウンロードは以下のページよりご利用ください。

https://satori.marketing/satori_materials/

【千葉テレビ放送株式会社】 https://www.chiba-tv.com/

本社所在地: 〒260-0001 千葉市中央区都町1-1-25
資本金等: 17億8,066万4千円
設立年月日:昭和45年1月28日
開局年月日:昭和46年5月1日(アナログ波)
平成18年4月1日(デジタル波)
事業概要:

  1. 放送法による基幹放送事業
  2. 放送番組の制作及び販売
  3. コマーシャル及びビデオパッケージの制作並びに販売
  4. 放送時間の販売
  5. 出版、録音、録画ならびに撮影業務
  6. 教育、教養に関する事業
  7. 7.イベント、興行に関する事業
  8. 広告及び販売等に関する代理店業務
  9. 前各号に関連する一切の事業

「SATORI」について

「SATORI」は、“実名の見込み顧客”にとどまらず“匿名の見込み顧客”にもリードナーチャリング可能な国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込顧客を継続的に創出することが可能になります。詳細はウェブサイト( https://satori.marketing/)をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

SATORI株式会社 マーケティング担当 横関、関
MAIL: marketing@satori.team TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加