パナソニック株式会社、AIカメラ「Vieureka(ビューレカ)カメラ」の販売促進に国産MAツール「SATORI」を導入

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、パナソニック株式会社の「SATORI」導入事例を公開しました。

「SATORI」導入効果

・カスタマージャーニーを作成し、チーム全体でマーケティング戦略を考え実行できるようになった

・顧客のニーズに合わせたポップアップを実施し、資料請求が4倍、セミナー集客は1.5倍を実現

・ナーチャリング体制の構築、1to1を意識したメルマガ配信し、開封率が1.5倍に

「SATORI」選定理由

・Webを訪れただけの匿名顧客の段階からコミュニケーションを取り、ナーチャリングできるためリード獲得を増やすことが期待できたところ

・導入時のセミナーやヘルプページが充実していること。また、国産ツールであるため自分たちで活用を軌道に乗せることができるイメージができたこと

・属人管理していた、顧客リストを一元管理できるところ

活用イメージ

・独自フォームから「SATORI」で設定したフォームに切り替えを行い、「SATORI」で顧客情報の一元管理ができる仕組みを構築できた。その結果、管理工数の削減および顧客ニーズを把握した営業のトークが可能に

・リード獲得を増やすことを目的に、コンテンツ単位でポップアップの出し分けを行うことで、資料ダウンロードやセミナー申込へ誘導

・メルマガ施策の開封率を分析し、精度の高いリードナーチャリングを実施

ご担当者さまのコメント

「『SATORI』の導入から稼働まで、おおよそ2ヶ月ほどでした。この助走期間のカスタマーサクセスには大変満足しています。

サポートの中でも自分たちでカスタマージャーニーを作ったことで、マーケティング戦略を考え始める良いきっかけになったと思います。今回の取り組みは、単にツールを導入するだけではなく、マーケティングのやり方自体を変えていくことになりました」(長野 友哉氏)

「ツールは導入したら終わり、ではありません。自分たちで以下に活用していくかを考え、営業プロセスを改善していくことが大事であり、そうした変化のきっかけになった『SATORI』の導入価値は、非常に高かったと思います」(久保田 航平氏)

「ツールは課題を解決するために導入されるものですが、自分たちの意識自体も変わってくることが最も大きな成果ではないかと思っています。実際、MAツールをきっかけに、社内でマーケティングに関する議論が増えています。マーケティングを実行に移したい、マーケティングの文化を根付かせたい企業は、ぜひMAツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか」(藤田 隆久氏)

パナソニック株式会社 事例掲載ページ

https://satori.marketing/usecase/panasonic/

SATORI株式会社は、今後もこうしたお客様導入事例の公開を継続してまいります。

その他情報

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー

導入をご検討いただいている企業様向けセミナーを毎週開催しています。マーケティングオートメーションの基礎から「SATORI」のフル活用事例、管理画面のデモンストレーションまでを90分でお持ち帰りいただけます。詳細は下記紹介ページをご覧ください。

https://satori.marketing/satori-seminar/

ダウンロード資料

SATORI株式会社では、マーケティングオートメーションや「SATORI」について理解を深めていただける各種コンテンツを用意しています。詳細・ダウンロードは以下のページよりご利用ください。

https://satori.marketing/satori_materials/

パナソニック株式会社について

設立:1935年(昭和10年)12月15日

創業:1918年(大正7年)3月7日

資本金:2,590億円

従業員数:243,540名

売上高:6兆6,988億円(2020年)

コーポレートサイト:https://www.panasonic.com/jp/corporate.html

サービスサイト(Vieureka):https://tech.panasonic.com/jp/bi/vieureka/

「SATORI」について

「SATORI」は、“実名の見込み顧客”にとどまらず“匿名の見込み顧客”にもリードナーチャリング可能な国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込顧客を継続的に創出することが可能になります。詳細はウェブサイト( https://satori.marketing/)をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

SATORI株式会社 マーケティング担当 宮林、関

MAIL: marketing@satori.team TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加