国内BtoB企業におけるマーケティング活動実態調査レポート2021を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングオートメーションツール「SATORI」の開発・提供を行う、SATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、国内BtoB企業に対しマーケティング活動の実態を調査した結果を公開、レポーティングしたホワイトペーパーを公開しました。

調査概要

目的 国内のBtoB企業におけるマーケティング活動の実施状況や課題、成果などの実態を明らかにすることで、各社のマーケティング活動を強化・改善していくきっかけやヒントにしていただくこと。
方法 Webによるアンケート
対象 BtoB企業のマーケティング、販売促進、広報、営業企画関連の業務に従事されている25~59歳の男女
期間 2021年1月7日(木)~ 1月10日(日)
回答者数 520

本アンケートの全調査内容は、当社ウェブサイトより、個人情報をご登録のうえ閲覧して頂けます。

■コンテンツ概要
コロナの影響を受け、「展示会への出展」の代わりに「セミナー開催」、特にウェビナーが実施される傾向になったりと、マーケティング手法が変わりつつあります。そこで本資料では、14個の質問からコロナ後のマーケティング活動について調査しました。他社動向を知ることで、自社のマーケティング施策の見直しや改善等にお役立てください。

<目次>

  1. 本調査の概要
  2. 回答者の属性
  3. 調査結果『BtoB企業におけるマーケティング活動の実態』

  -過去1年間で実施したマーケティング施策    
  -過去1年間で効果が高かったマーケティング施策    
  -新型コロナの影響でマーケティング施策の内容の変化    
  -顧客や見込み顧客が購買検討時に参考にしている情報元    
  -意思決定に至るそれぞれの段階で参考にしている情報    
  -見込み顧客の獲得に有効な取り組み    
  -獲得した見込み顧客の件数過不足状況    
  -見込み顧客の件数が足りない主な理由    
  -どのくらいの期間で成約してくれる見込み顧客が必要か    
  -どのような立場・役職の見込み顧客を獲得したいか    
  -マーケティング関連システムの導入・検討状況    
  -関わっている事業のマーケティング関連の年間予算    
  -2021年におけるマーケティング予算の見通し       
  -マーケティング活動上の主な課題    

資料イメージ

▼本アンケートの全調査内容は、当社ウェブサイトより、個人情報をご登録のうえ閲覧して頂けます。

■SATORI株式会社について
所在地:〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田 11階
代表者:代表取締役社長 植山 浩介
設立年:2015年9月
資本金: 20億1309万円(払込済資本)
事業内容:マーケティングオートメーションツールの開発・販売
URL :https://satori.marketing/

___________________________________

<本件に関する問い合わせ先> 
SATORI株式会社 マーケティング担当 白井、豊川
MAIL: marketing@satori.team TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加