渋谷区の小中学生がマーケティングにチャレンジ!SATORIでユニークなイベントを行いました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、SATORIがある渋谷区の小中学生の皆さんをオフィスにお招きして、「働くこと、そして、仕事を通じて成長すること」をテーマに職場体験イベントを開催しました。渋谷区立小中学校専門学習塾マナビエ様、尚学舎様にご協力いただきました。

働くこと、成長すること、そしと、夢を持って生きることについて、SATORI社員と交流することで、普段とは違う視点や気づきを得て、明日からの学びや生活のヒントにしていただくことが目的のイベントでした。また、SATORIとしても、お世話になっている地域の皆さんとの交流の機会をいただくことで、就業の場である渋谷区さんへの感謝を込めた、地域貢献イベントになればとの思いで企画いたしました。当日は30名近くの小中学生の皆さんに参加いただき、大盛況の一日になりました。その様子をダイジェストにしている動画です。今を生きる小中学生の真剣で輝く表情を是非ご覧ください!

講演&ワークショップ

本イベントでは、マーケティング営業部・部長の高橋が講演&ワークショップを行いました。前半の講演の時間では、事前のアンケートで「自分と同じ小中学生の時にどんなことを考えて、何をしていたのか知りたい!」というリクエストが多かったということで「私にとっての働くこと」をテーマに子供時代に夢中になっていたことや、大学生、社会人になってどういう風に進路を見つけていったか、についてお話をしました。また、後半のワークショップでは、4つのチームに分かれて、実際に自分たちが学んでいる学習塾さんを例に、生徒を増やしたり、認知を高めたりするにはどうすればいいか、ということを考えて、最後にプレゼンテーションをしていただく、ということを行っていただきました。大人顔負けの凄腕なアイディアが飛び出すなど、引率の先生が「明日からそれやりたいな(笑)」と思わずつぶやいてしまう、充実の時間になりました。

休憩タイムには、SATORIのオフィスを実際に見学し、社員がMTGをしたり、パソコンでデータを見たりする様子を実際に見ていただきました。ほんの少しだけですが、社会人になるイメージを持っていただくことができたのではないかと思います。

当日のイベントの様子

マーケティング営業部 部長 高橋より(講演/ワークショップを担当)

我々のオフィスがある渋谷区の小中学校のお子さんたちとご縁いただき、講演とワークショップを行わせていただきました。ソーシャルディスタンスを守り、消毒、マスクに手洗い…という、今までにない様式とたくさんの制約の中で、最後まで真剣に私の話に耳を傾け、ワークショップに参加いただき、マーケター顔負けのユニークな企画案や、頭の柔らかさに感心してしまうような嬉しい感想を残してくれました。本当に、我々の方がたくさんの発見や感動を得る一日になりましたので、是非、皆さまもこの動画をご覧いただければ幸いです(高橋)

本企画は、渋谷区の小中学生の指導に特化されている学習塾マナビエ代表さまと、SATORI代表の植山、大学の先輩後輩の仲であるふたりの、ふとした会話からスタートしました。

「子供たちを教えたり、育てる側になって思うけれど、なんとなく親だったり、大人だったりに言われるままに、勉強したり、毎日の生活を送ってる。大人になる楽しさや、働いて生きることを大人がもっと身近に伝えれば自分たちで『未来』を作るきっかけになるんじゃないかな」

実際にイベントが終わってみて、たくさんの学びの機会や明日への糧を得たのは企画した大人たちの方でした。今後もこのような機会を作って、地域の皆さまへの日頃の感謝をお伝えする場を設け、お子さんたちだけではなく大人の方も楽しみ、学びを得られる企画を実現していきたいと思っています。

<本件に関するお問い合わせ>
SATORI株式会社 マーケティング営業部 プロモーショングループ 相原・田村
MAIL: marketing@satori.team TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加