BtoB営業・マーケティング活動のオンライン化支援を行う株式会社才流が国産MAツール「SATORI」を導入
〜導入の決め手は「MAツールに不慣れな運用担当者でも使える操作性」〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、BtoB営業・マーケティング活動のオンライン化支援を行う株式会社才流の「SATORI」導入事例を公開しました。

事例概要

「SATORI」導入目的

  • 多様化する顧客のニーズや課題に合わせた個別コミュニケーションの実現

「SATORI」選定理由

  • MAツールに不慣れな運用担当者でも使いやすいUIであること
  • 実現したいシナリオやスコアリング等、課題解決のための必要な機能が備わっていたこと

「SATORI」活用イメージ

  • 利用中のSFAやCMSと「SATORI」を連携させ、顧客データを「SATORI」へ蓄積し情報を集約
  • 業種や年商といった情報を「SATORI」へ追加しリード情報をリッチ化させ、データ活用によりリード属性に合わせたコンテンツ配信
  • 企業ごとの課題にあったコンテンツの出し分け実現による興味喚起および商談獲得の改善

ご担当者様のコメント

「まず、社内で高評価だったのがUIです。『SATORI』は使いやすく、直感で操作でき、ぱっと見てすぐ理解できます。業種や予算や年商、会社の規模感などをフォームにて取得できるように設定し、『どういう条件でシナリオを走らせられるのか』『スコアリングはどのように行うのか』といったMAツールで実現したいことを事前にSATORIの営業担当者へお伝えし、やりたいことが本当に実現できるのかを確認しながら検討を進めました。
導入後にまず着手したのは、『外部ツールとの連携』と『リード情報のリッチ化』です。弊社のWebサイトを構築しているCMSとつなぎ、新規で入ってくるリードの情報を『SATORI』に取り込めるようにしました。過去リードもCSVファイルから読み込ませています。あとは、SFAツールの『Senses』のデータもつないでいます」(澤井氏)

株式会社才流 事例掲載ページ
https://satori.marketing/usecase/sairu/

SATORI株式会社は、今後も導入事例の公開を行っていきます。

その他情報

マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー

導入をご検討いただいている企業様向けセミナーを毎週開催しています。マーケティングオートメーションの基礎から「SATORI」のフル活用事例、管理画面のデモンストレーションまでを90分でお持ち帰りいただけます。少人数制でありながら過去半年間で200名以上が参加し、満足度99%のセミナーです。詳細は下記紹介ページをご覧ください。
https://satori.marketing/satori-seminar/

ダウンロード資料

SATORI株式会社では、マーケティングオートメーションや「SATORI」について理解を深めていただける各種コンテンツを用意しています。詳細・ダウンロードは以下のページよりご利用ください。
https://satori.marketing/satori_materials/

株式会社才流について

【株式会社才流】
所在地:東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRiD
資本金:1,250万円
設立:2016年7月8日
事業内容:BtoB営業・マーケティング活動のオンライン化支援
URL:https://sairu.co.jp/

「SATORI」について

「SATORI」は、“実名の見込み顧客”にとどまらず“匿名の見込み顧客”にもリードナーチャリング可能な国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名の見込み顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込み顧客を継続的に創出することが可能になります。詳細はウェブサイト(https://satori.marketing/)をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

SATORI株式会社 マーケティング担当 白井、林
MAIL: marketing@satori.team  TEL:03-6455-0500

このエントリーをはてなブックマークに追加