【外部講演】3/7開催:「MarkeZine Day 2019 Spring」当社代表・植山の登壇についてお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月7日(木)に開催される「MarkeZine Day 2019 Spring」にて、当社代表取締役 植山と株式会社オーリーズ代表取締役 鈴木氏で対談講演を行います。

講演テーマは「MAツール×運用型広告で実現した匿名ナーチャリング」です。

ウェブサイトに訪問してくれてはいるものの、個人情報非開示の匿名見込み顧客への効果的なアプローチ方法として、運用型広告とMAをかけあわせた事例をご紹介します。

当社の講演概要

講演日時 2019年3月7日(木) 12:50~13:35
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター内2階 B会場
講演テーマ

広告費そのままでCV数1.2倍!”MAツール×運用型広告”で実現した匿名ナーチャリング事例

~匿名見込み顧客のタイプ別でみる効果的なアプローチ方法~

講演内容 国内でも導入企業が増えているMAツール活用において、マーケティング担当者がぶち当たる壁の一つに“リード数の枯渇”があるのではないでしょうか?背景には、自社管理下のウェブサイト訪問ユーザーのおよそ97%以上が匿名状態の見込み顧客であるといわれており、それゆえMAツールでナーチャリング可能なリード数は、全見込み顧客のうちの3%以下となってしまう現実があります。しかし、匿名見込み顧客に対するナーチャリングを仕組み化できれば、認知促進をより向上させながら、継続的にリード獲得を実現することが可能です。
そこで本セッションでは、“運用型広告×MAツール”を活用した最新の匿名ナーチャリング方法と実例をご紹介します。
講演者プロフィール

SATORI株式会社
代表取締役
植山 浩介

デジタルマーケティング業界にて20年に渡り、エンジニアリング・マーケティング・会社経営に従事する。その苦労から「製品を売ることはもちろんのこと、人材や会社を活かすためにも、経営者によるマーケティングへのコミットが重要である」ことを痛感し、「全ての組織にマーケティング活動を根付かせる」ことをビジョンとしたSATORIを設立。マーケティングオートメーションに関する講演実績は過去100回以上で2,000名以上の参加者を迎えている。

 

株式会社オーリーズ
代表取締役
鈴木 多聞 氏

2009年、総合経営コンサルティング会社にて、新規部門の立ち上げに参画し、ファイナンスコンサルティング部門に所属。主に情報通信産業と小売(通販)産業にて事業再建、M&Aや資金調達業務に従事した後、株式会社オーリーズを設立。2013年より運用型広告を通じて課題を解決する広告代理店として事業を開始。Google AdsやFacebook広告などの運用型広告運用支援と、それに付随するアクセス解析、広告効果計測ツールや、ビジネスインテリジェンス、マーケティングオートメーションツールなどのマーケティングテクノロジーツールの導入運用支援を実施する。

 

イベント詳細・参加お申し込みはこちら
※注意※株式会社翔泳社 MarkeZine編集部主催の「MarkeZine Day 2019 Spring」イベントページへ遷移いたします

 

「MarkeZine Day 2019 Spring」開催概要

開催日時 2019年3月7日(木)~3月8日(金) 10:00~18:35
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
参加料 無料(事前登録)
主催 株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
イベント詳細ページ https://event.shoeisha.jp/mzday/20190307https://jp.sansan.com/lp/sip2019/
※注意※株式会社翔泳社社主催の「MarkeZine Day 2019 Spring」イベントページへ遷移いたします
このエントリーをはてなブックマークに追加