マーケティングオートメーション SATORI

2017/2/1 利用規約改定のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
改訂日 2017年2月8日(火)
第3条 通知方法 【改訂前】
当社から本サービス利用者に対する通知は、別段の定めがない限り、本サービス利用者が指定する電子メールアドレスに宛てて電子メールを送信する方法により行うものとする。

【改訂後】
当社から本サービス利用者に対する通知は、別段の定めがない限り、本サービス利用者が指定する電子メールアドレスに宛てて電子メールを送信する方法または当社所定の本サービスに係るWEBサイトに掲載する方法により行うものとする。

第15条 禁止事項 【改訂前】
本サービス利用者は、本サービスを利用するにあたり、以下の事項を行ってはならないものとする。
(1)当社はもしくは第三者の著作権・商標権等の知的財産権、その他の財産権等の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
(2)当社のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバ設備等に不正にアクセスする行為
(3)他の本サービス利用者や第三者に著しく迷惑をかけ、また社会的に許されないような行為
(4)公序良俗に反する行為およびそのおそれのある行為
(5)法令に違反する行為
(6)その他、当社が本サービスの利用者として相応しくないと判断する行為

【改訂後】
1. 本サービス利用者は、本サービスを利用するにあたり、以下の事項を行ってはならないものとする。
 1-1. 一般事項
  ・本サービスの運営を妨害する行為
  ・当社もしくは第三者の著作権・商標権等の知的財産権、プライバシー、財産などを侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
  ・当社もしくは第三者を誹謗・中傷する行為および著しく不利益を与える行為
  ・当社のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバ設備等に不正にアクセスする行為
  ・第三者のログインIDまたはパスワードを不正使用する行為
  ・自らまたは第三者を利用して、当社に対して、法的な責任を超えた不当な要求行為、詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為
  ・法令、条例に違反する行為
  ・その他、当社が不適当と判断する行為
 1-2. 本サービスを利用したコンテンツ情報配信について
  ・宗教、政治、アダルト、ギャンブル、不良商法、ハイリスク金融商品に関する情報の配信
  ・暴力、賭博、麻薬、売春、犯罪などの行為を肯定もしくは誘発する恐れのある情報の配信
  ・公序良俗に反する情報の配信
  ・公職選挙法、薬事法、著作権法等の、法令・条例に違反する情報の配信
 1-3. 本サービスにて取り扱う個人情報について
  ・迷惑メール配信、送信者の偽装等を含む、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反する行為
  ・個人情報の不正取得、不適切な管理、第三者供与等を含む「個人情報保護法」に違反する行為
2. 前項各号の一にでも該当することが判明したときは、当社は本サービス利用者に対して、何ら通告をせず、本サービス利用者のID等の停止、本サービス利用の制限、禁止事項に該当するコンテンツ情報・個人情報等の削除、および本契約の解除を行うことができるものとする。

第16条 損害賠償 【改訂前】
本サービス利用者またはその代理人、使用人その他本サービス利用者の関係者が本規約に違反する行為をなし、当社に損害を与えた場合、本サービス利用者は当社に対して、その損害を賠償しなければならないものとする。この場合、損害賠償の累計総額は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為その他の請求原因のいかんにかかわらず、1ヶ月の利用料金の金額を限度とする。

【改訂後】(第17条に移動)
本サービス利用者またはその代理人、使用人その他本サービス利用者の関係者が本規約に違反する行為をなし、当社に損害を与えた場合、本サービス利用者は当社に対して、その損害を賠償しなければならないものとする。

第22条 反社会的勢力との関係を理由とする契約解除 【改訂後】
(第16条に移動。本文改訂なし。)
第19条 利用規約の解除等 【改訂後】(第20条に移動。第1項(2)の追加。)
(2)本サービス利用者が第16条に定める反社会的勢力に関する各号に該当する場合
その他 各条の移動、および句読点の調整を行っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

“3分でわかる”マーケティングオートメーション“SATORI”とは