SHARE
facebooktwitter
entry
entry
MENU

SATORIのワークスタイル

家庭を持つ社員も多いSATORIでは、働くお母さんを支える風土が自然に醸成されています。
家庭と仕事、どちらかを言い訳にせず、
両方を精一杯頑張るベンチャー企業ならではの柔軟さがあります。

profile

マーケティング営業部 カスタマーサクセスグループ 菅原 礼

マーケティング営業部
カスタマーサクセスグループ

菅原 礼

カスタマーサクセス担当として、「SATORI」を導入している顧客からの問い合わせ対応を担当。3歳の娘と1歳の息子の子育てと家事に追われながらも、スキマ時間を駆使して仕事と両立している。現在は時短勤務中。

マーケティング営業部 カスタマーサクセスグループ 菅原 礼
マーケティング営業部 マーケティンググループ グループ長 相原 美智子

マーケティング営業部
マーケティンググループ
グループ長

相原 美智子

前職で感じていたマーケティング担当としての悩みと、「SATORI」のサービス内容が合致していたことに強く惹かれ、入社。3歳の娘を抱えながら、セミナー集客や運営、広告出稿などに携わり、「SATORI」の認知を広げている。

未知の分野に飛び込むと、
その挑戦を共にする同志がいた。

相原 美智子
同じタイミングで入社するママさん社員がいると聞いて、すごく安心していました。しかも菅原さんの上のお子さんは、うちの娘と同じ3歳ということもあって親近感が湧きました。
菅原 礼
PCのセットアップから一緒にやりましたもんね。私は前職を辞めてから、育児で4年もブランクが空いてしまっていたので、内心すごく不安だったんですが、さっそく仲間ができたようで心強かったです。
相原 美智子
前職もマーケティング関係の仕事だったんですか?
菅原 礼
そうです。ただ、デジタルマーケティングの分野にはあまり知識がなかったので、新しい領域への挑戦という意識が強かったですね。
相原 美智子
私は一応、Webマーケティング担当として、「SATORI」のようなマーケティングツールを使っていたのですが、そこでの課題を解決できるような感じでは使えておらず・・・。サイトへのアクセスをエクセルで管理して、最後の来訪から何日経ったな、と数えるような、そんな感じでした(笑)
菅原 礼
そうだったんですね。同じマーケティング営業部のなかでも、私はすでにご契約いただいた顧客へのフォローを、相原さんは潜在顧客へのアプローチと、業務内容が違いますよね。
相原 美智子
私は主に、SATORI自体のマーケティング全般という感じですね。セミナー集客や運営、自社の広告出稿も担当しています。特にセミナーでは、私達の説明次第でお客様の反応も変わりますし、興味を持ってくださった方にはその場で商談というケースもあるので、知らないことがあってはいけない、と入社1か月で必死に覚えましたよ。
菅原 礼
私も、「困った、どうしよう」というお客様から直接相談を受ける立場なので、出来る限りスムーズにご要望や疑問に答えられるようにと、勉強中です。とはいえ、まだまだ知識不足で、先輩やエンジニアの方に相談することも多いですが。
相原 美智子
わかります。最初は、人数が少ない会社だと、教えてくれる人もいないのではと少し不安でしたが、入ってみたら全然そんなことはなくて安心しましたよね。
菅原 礼
本当に!より良いお客様対応ができるよう営業やインサイドセールスに情報を共有したり、カスタマーサクセスで受けた機能への要望の実現に向けてエンジニアと相談したりなど、職種間のコミュニケーションも思った以上に活発で、相談しやすい関係があるのは嬉しいですね。
座談会風景

どちらかに偏らない、
家庭と仕事の真の“両立”のために。

相原 美智子
実は入社して1か月の間に娘が2回熱を出しているんです。そのうち1回は会議がある日にかぶってしまい、人生初のリモート会議を体験しました。
菅原 礼
意外とスムーズですよね。
相原 美智子
そうなんですよ。資料もメールで送ってくれたり、画面にかざしたり、画面越しの違和感も全く無くて。
菅原 礼
お子さんがいる社員も多いし、何より社長が保育園のお迎えに行ったりしますから、その点はお互い自然とフォローできていますよね。家庭と仕事の両立のための情報交換も活発ですし、有効に時間を使えているように思います。
相原 美智子
今はお掃除代行とか、料理の作り置きのサービスまでありますしね。この前は社長が実際に使ったサービスをオススメしてくれました。前職は女性が出産・育児となると、単純に労働時間が少ない部署に異動されたり、退職を促されたりするケースもあり、子供のことで申し訳ないと思うこともあったのですが、ここでは堂々と子供を育てていい、と言われているような気がして、ありがたいです。
菅原 礼
子供がいる、いないに関係なく、社員全員が自分の時間を大切にしているからなのかもしれません。個々の事情に合わせた柔軟な働き方を会社も応援していますよね。
座談会風景

環境に甘えずに、
仕事のスキルアップを目指したい。

相原 美智子
家庭と仕事の両立が実現できる環境を活かして、「SATORI」の成長と一緒に、自分も伸びていきたいですね。
菅原 礼
スピード感のある会社なので、置いていかれないようにしないと。先日のユーザー会では、「SATORI」を導入している方々に直接お会いすることができて、もっとお役に立ちたいという想いが強くなりました。
相原 美智子
マーケティング担当者は社内に相談できる人がほとんどいないケースも多いんですよね。SATORIはユーザー会などのお客様と折に触れてコミュニケーションをとる機会も多いですし、導入されているほかの企業のマーケティング担当者様同士のコミュニケーションを支援する機会もあるので、日々の活動のモチベーションにもなりますし、お客様自身のスキルアップにもつなげることができて、嬉しいですよね。
菅原 礼
お客様の存在を近くに感じられることは、私達にとっても大きな活力ですよね。それだけ、自分の知識をもっと増やさなくてはと感じます。お問い合わせいただいた内容に応えるだけでなく、お客様の疑問に先回りしてアドバイスができるようになれば、もっとスムーズに「SATORI」をお使いいただけると思います。
相原 美智子
未だに『そんな機能もあったんだ』と思うこともありますからね。私も早く「SATORI」を知り尽くして「こんな機能を追加するのはどうですか」とエンジニアに提案できるようになりたいです。
菅原 礼
ベンチャーならではの機動力が高い会社ですから、立場に関わらずアイデアを出し、試していける環境を楽しんでいけるようになりたいです。
座談会風景

other interviewー社員からみた「SATORI」ー

このページの上へこのページの上へ