SATORIがスムーズに完全リモートに移れたワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!
お久しぶりです。人事戦略グループの重田です。

SATORIですが、COVID-19の感染拡大に伴い、4月より原則フルリモートワークにて業務を行っております。
以前から一部リモートワークを導入していたものの、フルリモート化は初めてです。
とはいえ普段、いやそれ以上のパフォーマンスを発揮している様子のSATORI社員。
「各グループどんな工夫をしているんだろう?めっちゃ腰痛いけど他の人はどうだろう?」
個人的にもとても気になったので、業務で工夫していること、ちょっとしたコツやノウハウなどを聞いてみました。

そもそもなぜSATORIはスムーズにリモートに移行できたのか?
おそらくその一因としてあげられる普段のコミュニケーション方法を下記にまとめてみました。

・slackでの情報共有
・Chatworkでのカジュアルなやり取り
・Redmineでの情報共有・タスク管理
・Googleドライブでのデータ共有
・zoomやハングアウトを用いたWEBミーティング

時短や、一部リモートも含む働き方に対応し、そもそも全ての管理職~メンバーがチャットツールやクラウド環境、オンラインミーティングに適応していたんですね。

~設備・環境編~

・アーロンチェア!腰痛ゼロで、大変助かっております!!
・ディスプレイ・ヘッドセットを買いました。両方ともなくてはならない存在です!
・会社のフリーRaizin(エナジードリンク)は常備しています!
・寝室の一角を急遽業務スペースとして確保!(5歳児ブロック)

リモート環境
リモート環境写真

皆さんそれぞれの生活環境の中で業務環境をしっかり作っていることがわかりました。
実は、原則リモートが始まってすぐに社員に対し「お困りごとアンケート(モニター/椅子支給/ネット環境/子供)」が実施され、それから数週間で希望者には会社のモニター、優秀なアーロンチェアが自宅に配達されました。
このスピード感には私自身もびっくりでした。
本当にイスは助かります。。。。

~コミュニケーション編~

・在宅前からやっていた1日1度のミーティングをオンライン化!(アプリ使用)
・オンラインミーティング時に誰かが入ってきたときは、「○○さん、おつかれさまです」のように名指しで話しかけるよう心がけています
・オンライン時はうなずき等のアクションを大げさにする!
・Chatworkに雑談部屋をつくった
・チャットで送る文面をどんなに短くても二度以上確認すること、長文は送らないこと

皆さん、遠隔コミュニケーションを取る上で様々な気遣いをしているということがわかりました。
SATORIでは全社的に仕事の進め方としてscrum「チームで仕事の進めるための枠組み(フレームワーク)」
を取り入れていますが、各部署オンライン上のホワイトボードを作れるアプリをいち早く導入し対応していました!

この付箋たちをオンライン化!!!

scrumミーティング開催前に、Trelloというツールに質問事項(誰から誰に、何を確認・依頼したいのか)を入れておき、参加者全員が確認するようにしてから、ビデオチャットでの会議がスムーズになったそうです。
参考画像をいただきました。

~在宅勤務のコツ・ノウハウ編~

・居住空間と仕事空間をはっきり分けています。(仕事はデスク&チェア、居住は座布団などローレベル、など)
・朝のいつもの通勤時間に駅まで散歩(ルーチンがON/OFFの切り替えスイッチになります)
・減った分の通勤時間で家事を済ませる(集中力UP!)
・商談が無い日でもヒゲをちゃんと剃るようにしました。理由は、ヒゲが伸びてると、ヒゲを触ってしまうから。業務効率が落ちます。(男性はわかる?笑)
・毎朝Chatworkのラジオ体操ルームでストレッチ
・やらないことルールを決める(家のことができる環境なので「宅急便は出ない」などのやらないことルールを決める)
・ミーティングを1時間フルでやらない(45分にする)

やはりオンオフ切り替えに対する工夫が多く見られました。出勤・退勤という行動がない分、一番難しい部分なのではないでしょうか。
ラジオ体操ルームについては、社員の1人がなんと知人のトレーナーさんに専用の動画を作成いただき毎朝こちらのチャット内で共有してくれています。
私も毎朝ストレッチをして業務に入るようにしています!

まとめ

今回はSATORIのフルリモート勤務事情をお伝えさせていただきました。
会社、そして各個人素早く変化に対応し環境を素早く整え、様々な工夫のうえで、業務を行っていることがわかりました。
今回の意見については、全体向けのチャットで呼びかけたのですが、
皆さん積極的に様々なノウハウを送ってきてくれました。感謝!
グループ横断で相談しながら仕事ができる有難さ、会社の柔軟性を改めて感じております。
毎週のオンラインでの全体会議で顔を見ているとはいえ、
久しぶりの方とも会話のきっかけができ、個人的にとても嬉しかったです。カジュアルな会話って大事…。

緊急事態宣言は解除となりましたが、皆様どうかお気を付けて日々をお過ごしください。

SATORIでは引き続きWEB面接にて積極的に採用活動を行っております!
応募はこちらから!

SATORI株式会社
人事戦略グループ 重田

このエントリーをはてなブックマークに追加