基礎から始めるSEO対策

SEOとは、検索エンジンの上位に自社のWebサイトを表示させるテクニックのことと言われておりましたが、近年では様子が変わってきているようです。初めてWeb担当者になった方にも分かりやすく解説していきます

そもそもSEO対策とは?

SEO=(Search Engine Optimization)とは日本語で直訳すると「検索エンジンに最適化する」という意味です。この言葉が生まれたのは検索行動がWebページを探す行動しかなかった頃。画像やFlashで作られた内容を検索エンジンが知ることができなかったためHTMLの重みづけやテキストの内容、リンク構造から判断されていたため、そのアルゴリズムを理解してWebサイトを構築することが必要でした。
→詳しくは「SEO対策とは」をお読みください

SEO対策の要素

検索エンジン(主にGoogle)のアルゴリズムを知ってWebサイトを作っていくのに、下記のような施策の種類があります。

(1)内部施策

関連コンテンツをリンクで結んだり、HTMLで見出しタグなどをしっかりつけたりすることで、検索エンジンが理解しやすいようにページを作ります。

(2)コンテンツ

ユーザーの検索ニーズに合わせたページ作り・記事作りを行います。昨今では「オウンドメディア」と呼ばれる自社メディアをSEO目的で構築する企業も増えてきています。

(3)外部施策

作ったWebページが、多くの人に評価され、紹介(リンク)されるように行う施策です。例えば、自社運営のソーシャルメディアで紹介したり、提携メディアで紹介してもらって広めてもらったり、プレスリリースを流したりすることが主流です。

上記の3つがSEO施策の基礎になります。大きな成果を得るには、この3つを同時に行っていく必要があります。

SEO対策を始めるには

小手先SEO施策の時代は終わりました。検索エンジンに評価されるには、コンテンツ作り・ソーシャルメディアマーケティングと同時に行うため、幅広い知識が必要になります。SATORIマーケティングブログではSEOをこれから始めたい方にお役立ちのコンテンツをご用意いたしました。ぜひお読みください。